群れない 媚びない 流されない 自立を目指すアナタに捧げる一匹狼マーケティング

menu

RIZE

My Category Orderを使ってカテゴリーの順番を並び替えしてみる

google.co.jp wapuu

もしくはカテゴリーを複数作ってそれぞれ別に表示したい人向け

 

自分で設定した事をそのまま書きます。

 

つまり自分用メモでもあるのでわりとサクサク進めてく感じで。

 

 

 

まずはプラグインの新規追加で

 

My Category Order

 

これを検索

 

 

有効化まで済ませてしまいましょう。

 

これで準備はOKです。

 

 

このままでもちゃんと使えますが日本語化ツールもあるので

使いたいという方はこちらのサイトから

 

日本語化のためのファイルをダウンロードしてきましょう。

基本的に最新版を使うといいかと思います。

 

ファイルを解凍すると末尾が-ja.moとなっているファイルがまた入っているはずなので

 

WordPressのダッシュボードからインストールを済ませた人は

次にこのmoファイルをサーバーにアップロードして追加する流れになりますね。

 

 

WordPressを設置したサーバーにFTPソフトで繋いだら

 

/契約したサーバーのアドレス/public_html/wp-content/plugins

と入っていって

my-category-orderまで進みます。

 

後はこのmy-category-orderのフォルダの中に先ほどのmoファイルをアップロードすれば

 

日本語化は完了しているかと思います。

 

一度サイトをリロードして確認してみましょう。

 

  • 覚えておくと便利な設定

せっかくなので少し使い方なども

 

・カテゴリーを並び替える

ダッシュボード→投稿→My Category Order

ここから入るとカテゴリーを自由にドラックで並び替えることができます、

操作は直観的にわかりやすいので特に説明の必要もないぐらいですね。

 

・カテゴリーを複数作る

ダッシュボード→外観→ウィジェットから入りMy Category Orderをお好みの場所に配置

こちらはちょっとだけ補足を付けようかと思います。

 

 

例えば特定のカテゴリーだけでまとめてそれを2つのウィジェットにしたいという場合

 

設定はこのようになります。

ウィジェット_‹_RIZE_—_WordPress

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注意しておくポイントとしては

ウィジェットを複数用意した場合それぞれの順序が「My Order」になっていること

これを設定しておかないとドラックで入れ替えたカテゴリーの順序ではなく他の基準で順番が決まってしまいます。

 

 

もう一つが除外するID(カテゴリー)を

それぞれのウィジェットで指定する必要があるという事です。

 

しかしながらIDを除外する方法は知ってしまえば結構簡単で

 

ダッシュボード→投稿→カテゴリーから入った後に

 

各カテゴリーの編集を選択すると

 

サイトのアドレスバーにID=◯◯という数字が出ているはずなので

 

そうやって除外したいIDのナンバーを調べたら除外カテゴリーにそれぞれ追加していく、

という方法になります。

 

 

親や子の指定なんかも当然できるので

カテゴリーのカスタマイズがきっと楽しくなると思いますよ☆

 

 

ではでは~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセスカウンタ

  • 130今日の閲覧数:
  • 3401月別閲覧数:
  • 83今日の訪問者数:
  • 2147月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: